ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    車の話題

    アクティブツアラーの1年点検でした。

    YANASE BMW板付支店でお願いしました。
    店舗にお伺いするとZ4が今回代車で受けて頂きました。
    IMG_2013

    点検時に過去の不具合やいきさつをお話しさせて頂きましたがサービスの対応がとても良かったです。
    フォルクスワーゲンさんとも長かったですがサービスの対応が良かったです。
    実はショールームにZ4が展示されていました。
    z401

    レザーシートのオレンジがとても綺麗ですね。
    z402

    さて、代車を乗り帰ってきました。
    IMG_2009

    試乗車は直4の2literモデルです。
    折角なのでオープンにしましたシートは展示車とはカラーが違います。
    身体になじむ心地よいシートでした。
    IMG_2011

    正直取り扱いは2シリーズとも変わりません。
    ヘッドアップディスプレイがウインドウになってメーターを見なくても問題ありません。
    しかし、風の巻き込みが走行しても殆ど有りません。
    IMG_2012

    逆に日差しが強いのでキャップが必要です。
    暑かった


    ひとしきり走行を楽しめました。
    デーラーさんもコロナの関係で16時までの営業です。
    翌日に返納して1年点検を終えました。

    無事にリコールや異常なども見受けられずに良かったです。
    今回お願いしたアイドリングストップ時の繋ぎのショックが大きいと話しました。
    こちらは、E/Gマウントを交換して頂けました。
    z404

    ナビのアップデートもメンテナンスでお願いできました。
    実際に乗ると確実に今までの繋ぎの味の変更が見受けられました。

    さて、ショールームで見るZ4と実際に乗るとまた一味違う感覚です。
    とても良かったYanase BMW 板付店のサービスでした。
    ありがとうございました。


    BMWを おうちでしこしこ小ネタです。

    出かけられない毎日で工場も出入り禁止でストレス満杯です。
    そこで、愛車の小ネタでアップしてみました。

    先ずは、荷物の出し入れが多いので傷除けに、ラバーマットをポチットしました。
    raber01

    駐車場でしこしこします。
    テールゲートを開けて
    ax002

    同梱されていた両面テープでは足らないので看板用の両面テープを貼り付けます。
    すると暫く抑え込んで、、、。
    ax004

    平均値を測って付けたのでイメージ通りです。
    テールゲートを閉めると、、。
    ax005

    う〜ん良いあんばいです
    しっかりと固定されていました。

    小ネタ2です。
    こちらはビートルでも取り付けたドアカーテシLEDです。
    ax021

    これをポチットしました。
    何れも1000円台で購入できました。
    その前にドアを開けてウエルカムランプのサイズを確認しておきます。
    IMG_1881

    変換コードを取り付けて本体と合わせます。
    ax006

    取り付けるコネクタの配線の位置とロゴの位置を確認します。
    先ずは配線の確認です。
    ax009

    コネクタの配線は4本になっていますが配線の+−を確認して配線を差し込みます。
    そしてドアを閉めてから再度開けて配線します。
    BMWのロゴ位置が必ず外側に来ているかを確認します。
    ax015

    ここまで出来れば完成で片方も同じように作業します。
    お昼なので夜になるのを待ってドアを開けます。
    ax020

    完成しました。
    ちょっとだけ、おうちでしこしこでした。
    すいません自己満足です。

    とここまでは普通ですがコロナウイルスに戦っている医師や看護師さんを含めた皆さんが本当に苦闘されていると思います。ご苦労様です。感謝いたします。
    これ以上広まることが無いことをただ祈るばかりです。
    気をつけても気がつかないウイルスなので、ただただ祈りしかないです。

    3密を必ず気をつけて、マスク、手洗い、1.8mで過ごしましょう

    当初ついていたマフラーカッターは純正の70πでした。
    IMG_161

    ビートルでも交換したように今回も90πのマフラーカッターをポチットしました。
    F45専用のマフラーカッターでしたが取り付けてみると何か不自然
    IMG_1772

    イメージする後ろ姿にちょっと違和感を拭えない
    内側に付いている純正のカッターを外して取り付けてみても替わりませんでした。
    a4

    そこで思い切ってカッターのはみ出しを計算して30mm切断することにしました。
    金切り鋸でチャレンジです。
    ax009

    私にとっては、たかが30mmですが納得できない30mmです。
    切り始めましたがこれが容易ではない
    バンパーに内側に入るくらいなので傷は付かないレベルで切ります。

    とその前にタイヤショップに寄りました。
    実はマフラーカッターを取り付けて締め込むと、締め切らないことが分かっていました。
    何が良いか色々と考えて、アルミホイールのウエイトがベストかなと考えました。
    銅なのである程度の強度と柔軟性も考えて、耐えられるかなと思いました。
    以前、お世話になったタイヤショップさんで話をすると無料で分けて頂きました。
    ax008

    このウエイトで締め込みの遊びを緩和してしっかり取り付けできるでしょう
    さて、30分以上はかかりますがギコギコします。
    ax011

    バリバリの新品を切るのは勇気が入ります。
    マフラーの下回りをのぞき込みましたが新車みたいです。
    すごいなぁBMWと改めて感心しました。
    そして、やっと切りました もう座り込んでいますへとへと
    ax014

    上手く切れました。
    切れたところはヤスリをかけてバリも取りました。
    ax015

    さて、いよいよ取り付けですがウエイトを何処につけるかです。
    ax017

    締め込まれるバンドの位置を測ってウエイトを取り付けます。
    ウエイトは一度付けると取り外しが難しいです。
    ここで位置決めしてウエイトを貼り付けました。
    ax021

    いよいよカッターの取り付けです。
    ax023

    しっかりとバンパー内側にセットできました。
    車検も問題ないと思います。
    思っていたその通りです。苦労した割合に何も感動は有りませんでした。
    ax032

    最初の写真から比べるとしっかりバランスが取れていると思います。
    自己満足ですが、、、。
    やはりバランスは大事だと思います。
    車は美しく見えなくては、、、。
    ax030

    やっぱりくそだったBMWのディラー

    218d購入を決めた時点で手付金を振り込んでくださいとのこと、、。
    直ぐに振込ました。

    そして購入を決めた時も、直ぐに残金を振りこんでくださいと連絡がありました。
    翌日には残金全て振り込みました。
    ほっとしましたが、、。

    その後、納車も日数を要し、納車時の様子は以前アップした通りです。
    ax157

    納車時に請求書と納品書の控えが送られてきていました。
    内容を見ると過剰入金があることが記載されています。

    振込先を記入し返送して頂ければ直ぐにお振込みいたしますということでした。
    そこから何日たったでしょう、、。
    昨日そう言えばと思い、気が付いて未だに振り込まれていないようです。


    そこで連絡して確認するとすいません、経理に確認して対応させて頂きますとの事
    その後連絡があり対処しましたのことでした。 少額返金です。

    今まで、先に振り込ませて返金はお客が言わなければそのまま、、。
    またまた、BMWさんに 怒り新党でした

    やっとこれでこのディラーさんとはお別れしますが大手さんなのにアホなディラーさんでした。
    怠慢なディラーは初めての経験です。
    保証書は付いていますがこれからが心配なBMWです。

    218dは快調ですが気が休まらないBMWでした。


    怒涛のBMW取付日記で〜す。
    古い〜と言わないでください


    さて、ドラレコとレーダー探知機の取り付けです。

    ここで最初に話しておきます。
    VWとは使っている商材が全然違います。
    もうびっくりました。

    先ずはドラレコ配線の取り回しです。
    ax003

    車検のステッカーを剥がして右側へ移動しました。
    普通に考えていました。
    ax001

    モールを外してカバーを剥がすと配線は普通に入れ込みが可能と思っていました。
    先ずはレーダー配線を運転席前に通すので配線を入れ込むのも簡単と思っていました。
    しかし、カバーを外したり内装の内張の厚みが全く別物です

    急遽、ハンガーを加工して配線を通すことを考えました。
    ax005

    ここから配線を通す作業です。
    ax004

    カバーを外すレンチもトルクスです。
    工具のない人には弄れません。
    何とかペダル付近に配線を通して結束バンドで固定していきます。
    ax016

    レーダー探知機の配線から始めました。
    本体を取り付けて配線を繋ぎます。
    少し斜めになっていますがシートに座ると水平です。
    ポップアップディスプレイと同じような位置にしました。
    ax008

    ここから配線を見えないように2つの道具を使って入れ込んでいきます。
    ax012

    運転席側もモール類も外しています。
    ax011

    ここら辺りはVWとも変わりません。
    しっかりと配線を入れ込みました。
    ax013

    こちら側の配線は出来て助手席側のドライブレコーダーの配線に変わります。
    こちらも結束バンドで固定します。
    ax019

    大小の道具で配線を入れ込みます。
    ax021

    電源のアースを取り付けます。
    ax030

    そこからグローBOXの裏側のヒューズBOXから電源を取り替えます。
    ax024

    調べると64番がACCなのでこちらから電源を引き込みます。
    ax026

    ここまでくれば取り付け完了です。
    配線を入れ込みしつかりと結束バンドで固定します。
    カバーも取り付ければ完成です。
    日付や設定をすれば取付完了です。
    ax032

    良かった
    それにしても内装の造りがVWとは全然違う
    外しにくくて内装材マットの厚みが違う

    良くここまでDIYで出来たと思います。
    ちょっと素人には難しいかもしれません。
    なめていた2シリーズBMWでした、、、。
    本物だ

    これで安心して営業できます

    このページのトップヘ