ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    バイク

    お正月からやっと晴れ間が出てきました。

    そこでちょっとお出かけはクロスカブです。
    ac008

    寒くてもクロスカブなら安心してお買い物ができます。
    今回はヤマダ電機に寄りました。

    ドライブレコーダーもユピテルから新しいものに入れ替えました。
    IMG_2246

    ある程度の法定速度なら寒さもさほど感じませんでした。
    ハーレーの時の寒さの違いが忘れてきそうです。

    グリップヒーター等、悩みましたが防寒グローブで大丈夫のようです。
    但し、長距離になるとこんなんでは対応できかねますね

    ウエアはワークマンのウエアがとても活躍してくれます。
    IMG_21

    めちゃくちゃ寒さを感じませんでした。
    ヒートテックの極暖をインナーを上下は着ていれば安心です。

    但し、靴との隙間がちょっと寒いです。
    クロスカブ良いバイクです。
    ac042

    すっかり秋めいてきた

    日が落ちるのも早くなりました。
    そこで、クロスカブにLEDフォグを取り付けることにしました。

    購入はAmazonで本体とS/Wを合わせてポチットしました。
    ステなど適当に合わせ物です。
    ac001

    ハーレーの時は凄く悩んで気をつけながらの作業でした。
    クロスカブは少しくらい傷が付こうと気にしません。

    実はこれが後半のボケに繋がりました。
    早々に配線をします。
    ハンドルバーにS/Wを取り付けました。
    ac004

    時計の横でドリンクホルダーも何とか行けそうです。
    配線をしていきます。
    ac006

    プラスマイナスを確認して接続しました。
    エンジンを始動して動作確認です。
    ac009

    明るくて夜間走行が安心して走れます。
    でふと思ったのがS/Wを忘れている、、、、。
    ac005

    これでは点きっぱなしです
    ひえっ〜〜
    ダメダメと確認した次第です。
    点きっぱなしだ
    この時点でお問い合わせが有ったので後日配線します。

    さて、本日配線のやり直しです。
    ac001

    普通に考えてプラスを同軸に配線すれば点きっぱなしです。
    配線してS/W ON
    ac003

    しっかりと配線できました。
    こちらでON OFFが出来ます。
    ac004

    パソコンのマウスが壊れたのでヤマダ電機まで一走りします。
    ac006

    マウスも無事に入れ替えて通常使用になりました。
    一安心です。

    さてさて、クロスカブのオイルとエレメント交換です。

    スポーツスターの時は準備に時間もお金も掛かりました。
    ax013

    準備してジャッキアップして、、、。
    もう大仕事です。
    ax031

    さて、クロスカブはどんな感じでしょう
    用意するものです。
    ac007

    これだけで、暫く暖気運転しておきます。
    ジャッキで上げる必要はありません。
    ac003

    それでは交換作業に入ります。
    ドレンプラグを外します。
    ac005

    緩めて外すとドレンとスプリング&ストレーナが落ちてきます。
    拾ってからパーツクリナーで洗浄しておきます。
    ac011

    次はオイルエレメントを外します。
    こちらは8mmのレンチで外します。
    ac014

    ブレーキペダルの奥側ですが私は別注のペダルを付けていたのですが問題なく外れました。
    ac016

    Оリングも交換してエレメントを取り付けます。
    スプリングが入っているので少し力が入ります。
    ac018

    もうここまでくるとオイルを入れることになります。
    勿論、ドレンプラグは取り付けてくださいね。
    ac022

    レベルゲージも別注の物です。
    オイルはG2にしたのでエレメントも交換した次第です。
    ac024

    エンジンを始動して再度オイルレベルをチェックしてオイル漏れが無いか確認します。
    ac030

    ご苦労様でした。
    こんなに楽ちんな作業はラクスルです。
    オイルとエレメントを入れても2000円も有れば十分でした。

    スマートニュースの雨雲レーダーを見て近場に試乗してきました。
    クロスカブ安心してデジタル走行ができます。

    タンデムシートが届きました。
    ac005

    メーカーはアウトスタンディングモーターサイクルという会社です。
    クロスカブ専用に商品を製作しているようです。
    価格もお手頃なのでポチットしました。
    タンデムシートとキャリアになります。

    梅雨明け第一弾ですが暑い
    影を求めて取り付けです。
    ac009

    ここからどんな風に変化するでしょうか
    先ずはGIVEの取り外しです。
    ac013

    マウントもカバーも取り外します。
    そこからキャリアの取り付けです。
    ac020

    これが思っていた以上にでかいのです。
    ただ、取り付けは簡単です。
    パパっと取り付けできます。
    ac024

    センターの2本とサスは緩めるだけです。
    後ろステに2本専用のカラーとボルトナットが付いています。

    簡単にシートの取り付けかと思っていたら、、、。
    ac030

    シートハンドルが付いていましたがこれは不要のようです。
    吸盤が付いているのでこれで固定は心配ないでした。

    さて、完成です。
    ハーレーから考えるととても簡単で激安です。
    ac035

    折角なのでタンデムでイオン迄お買い物に向かいました。
    IMG_2203

    買い物をしてもボックスが有るので安心です。
    ヘルメット2個が楽々入ります。
    大きめのGIVEにしていて良かったです。
    IMG_2204

    タンデムした感想です。
    正直これでツーリングは難しいです。
    ハンドルが軽くなり交差点の発進や低速でのすり抜けは難しいというか慣れが必要です。

    それでも2人で買い物に行けて駐車場に困らなくてとても良いです。
    シートを取り付け直ぐに仕事で出先に向かった時も玄関まで乗り付けできることはとても楽です。
    また、打ち合わせの最中もバイクが窓越しに見えて安心でした。

    まあ、今のところは良いとしておきましょう
    先ほど、インスタにもアップしましたがコメントも頂いたりしてありがとうございます。
    お陰様でフォローも戴いています。

    中には『面白いおもちゃを手に入れましたね』と頂きました。
    帰りにはガソリンを初めて入れましたが2.3Lで満タンでした。
    ガソリンのゲージも付いているので有難いです。
    トリップメーターまで付いていると燃費が分かりますが。
    そんなことは気にしなくても良いカブでした。
    IMG_2201

    ツールバックも届いたので早々に装着しました。
    ac002

    これで工具やパンク修理剤も保管できます。
    しかし、チューブタイプにはパンク修理剤は使えない
    ac004

    ちょっとそこいら辺は確認します。
    一応これで安心の装備が付きました。
    ac006


    取り急ぎクロスカブが納車されました。
    ac032

    マフラーはエンデュランスにしました。
    ダウンサスとシートやそれぞれ交換しています。
    ac024

    イモビもホンダ純正が入っています。
    慣れないのでセキュリティが解除できないのが、、、。
    ac041

    GIVIのトランクです。
    ac043

    早朝に大分に向かいます。
    イーグルオーダーを納品に向かいます。
    本日も糸島でテラスの下地作業でした。
    IMG_2163

    ランマをレンタルして打設作業です。
    ac016

    手の甲がむけてしまいました。
    以前の工事の動画です。


    らんまの作業です。
    すいませんこんな動画で、、、。

    ただ、今回の敷地は軟土で打設しても軟弱なために動画のようにはいきません。
    大分と福岡で同時進行で作業します。

    できるかなと心配です。
    クロスカブは一先ず安心です。

    週末はバイクロッカーを2台納品です。
    身体ボロボロ腕は真っ黒です。

    このページのトップヘ