ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    2021年09月

    やっと完成したバイクロッカー1800です。

    nk002

    運送会社が引き取りに来る前です。
    シャックルも溶接してあります。
    nk004

    しっかりとバイクの盗難防止に役に立つと思います。
    このメーカーさんのシャックルは良い仕上がりです。
    内装はこんな感じです。
    nk005

    そうこうしているうちにクレーン車が入ってきました。
    積み込みに入ります。
    nk014

    扉のフィルムは剥がさずこのままでの配送になります。
    明日は早朝6時には向かう予定です。

    こちらもお願いしていたバイクの盗難防止用のコマンドバーです。
    50角で製作して頂きました。
    こちらは、エンクレストさんのバイク駐車場26番で使う予定です。
    nk018

    工場で製作すると大きさは感じないのですが車に乗せると荷室が狭くなります。
    塗装直後に載せて帰ったので車の中が臭くてたまりませんでした。

    納品行ってきま〜す。

    バイクロッカー1800を製作中です。

    今日は電気工事です。
    nk013

    暑いですね
    職人さんが特に汗かきなのでエアコンを注入しています。
    入線は棚を付けてからになるのでここまでです。
    nk020

    棚の位置や枠を計算して職人さんと棚枠を取り付けました。
    nk029

    そのまま、扉の取り付けです。
    nk036

    明日引き取りに来て大分県に納品に向かいます。
    nk038

    ロゴ入れもしっかりとできました。
    nk044

    今回は1800バイクロッカー標準モデルです。
    オプションがあります。
    鍵はディンプルキー上下、シャックル、電気工事一式になります。
    現地は見ていません
    ミサワホームの施工会社さんと打ち合わせをさせて頂いています。
    レベルを取り違えていたという話ですが、現場対応します。

    ということで、引取前の最終仕上げをもう一度工場へ向かいます。

    そう言えば『IKKO』さん宅が放映されましたが何時もの田川でした。
    ちょいと素通りしました

    連休が続いたので草刈りに夢中でした。

    道具はマキタの18V草刈りと刈払い機でブロワーも有ります。
    qm001

    道具使いはかなり上手になってきました。
    さて、ここを刈っていきますが刈り払い機ではちょっと無理があるようです。
    nj001

    直ぐに草刈り機に切り替えて作業を進めます。
    こんな所も
    nj006

    あっという間に綺麗に刈り込みました。
    nj008

    奥側が大変な作業なので人を入れてからの作業になります。
    ここまではすっかりと綺麗になりました。
    nj015

    さて、次は裏道の草刈りです。
    作業前です。
    nj042

    作業後です。
    nk013

    この辺りも結構手間が掛かります。
    レベル1でしないと砂利が飛んでガラスを割ったりする可能性が有ります。
    気をつけなくてはなりません。
    昨日も、駐車場のインターロッキングの草刈りをしていましたがフロントウインドウが割れているのを発見しました。

    マジやばいですよね
    管理会社に連絡してマンション保険で対応し、車のオーナーに連絡しました。
    nj007

    車の持ち主さんに話をすると『う〜ん、先日走行中に割れたんだよね』えぇぇっ
    私じゃなかったんだっ、、、。
    良かったです。 作業には気を付けていても、もしということが有ります。
    まあ、正直に話して事なきを得ました。 良かったです。

    擁壁のこんな所もナイロンコードなら綺麗に作業できます。
    nj013

    刈った草は18Vのブロワーで集塵してゴミ袋に入れます。
    こちらの時は管理人にも手伝って頂きとても綺麗になりました。
    さて、次はこちらです。
    nj048

    ここもナイロンコードと替刃で草刈りしました。
    nk016

    これだけの量を殆ど一人で作業しましたが、マキタの草刈り機の使い方も上手になったようです。
    ただ、作業中には汗の量も半端ないですし、蚊も襲ってくるので重装備しています。
    もちろん、めがねの着用も忘れません。

    ということで、部屋中が草の匂いで ぷんぷんでした。
    シャワー浴びてビールを飲ませて頂きます。


    十五夜の夜、福岡市は雨が降っていました。

    少し小降りになって出て欲しいと願っていました。
    nj001

    遅い時間に何とか雲に隙間が出てこれはチャンスとカメラを構えてみました。
    何時もならこの上に出てきてもおかしくないのですが、、、。
    周りはこんな感じです。
    nj002

    セブンの入口です。

    nj008

    さて、雲間から月が見え始めてきました。
    nj012

    さあ、ここから追いかけてみます。
    nj016

    雲の様子を見ながらの撮影です。
    nj028

    見えてきました。
    nj031

    よく見ると右側の上が少し欠けているように見えます。
    これはクレタかなと思います。
    最大で寄ってみました。
    DSCN0087

    もう一枚
    DSCN0090

    でっかい月です。
    地球は自転、月は公転と小学校で習ったですかね。
    地球の周期と月の周期がほぼ同じなので同じ場所しか見れないのがちょっと寂しい。
    裏側は見れない

    そして一日経つともう右上が欠けていた
    でも時間が違うので月の位置がずれている
    nj005

    宇佐市の方に仕事でしたが帰りは別府市に向かいました。

    久しぶりの杉乃井ホテルですが新しい虹館でした。
    nj035

    超、大昔にこのホテルに勤めていた会社の大会で宿泊したことが有ります。
    ここ何年かは、棚湯が好きで何度か訪れています。
    折角、大分に行くのは分かっていたので予約していました。
    ここはバイキングがとても充実しています。
    IMG_3567

    久しぶりの温泉で身体も心も充実しました。
    翌朝も思い切り食べてきました。

    さて、帰り道は下道で帰ります。
    由布岳の登山口前では野焼きをしていて道路が突然見えなくなりました。
    ちょっと危険を感じました。
    nj070

    ここから狭霧台展望台に向かいました。
    湯布院が見えますがこの下のホテルにも滞在したことが有ります。
    IMG_3584

    ここから金鱗湖に向かいました。
    久しぶりですが昭和レトロ館に寄りましたが入口だけです。
    nj094

    平日なので観光客はまばらです。コロナも影響しています。
    静まり返っている金鱗湖です。
    nj102

    ここから玖珠に向かっていると自衛隊の車両がひっきりなしに通ります。
    そこで装甲車を撮ってみると、、、。 助手席の隊員さんが。 疲れていると思います
    nj128

    そして、お目当ての滝の方に向かいます。慈恩の滝です。
    IMG_3587

    現在、水量が多くて滝の周りをくぐれません。
    IMG_3588

    登り龍も鎮座しています。
    nj114

    夕暮れ時が早くなりました。
    無事に帰りました。
    nj001

    このページのトップヘ