ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    2021年03月

    始まりましたガレージ設置のための工事です。

    突然ですがこの車が分かりますか
    qw001

    こんな感じです。
    何をするための自動車でしょうか?
    qw005

    凄い水量です。
    もう何百年となく豊かな水が流れているそうです。
    qw006

    耳納連山から豊かな水が流れています。
    そうそう、お仕事はここから始まりました。
    qw008

    イナバガレージの工事が始まります。

    こちらに設置する予定です。
    qw002

    職人さんと現地での打ち合わせです。
    大きなビワの樹の前に設置します。
    ガレージを実際に設置した場合を想定して杭を打ち込みました。
    qw012

    こちらを設置する予定です。
    yan06

    基礎工事、組立、内装工事、土間工事の予定です。
    勾配と雨水の進入を防ぐための工事も予定しています。
    果物の宝庫の場所なので周辺には何もありません。

    最近OSB合板が入らなくなったので3×6を継いで工事する予定です。
    3×8のOSBが何処にも無いようです。

    こちらはメーカーではなく生産国のカナダの工場に影響があるようです。
    当面は何か対策を取らないといけないようです。

    工期は10日間程掛かると思います。
    暫くはここまで出張です

    今月末から遠方への納品も続きますが飛行機で帰るか高速バスで帰るか悩んでいます。
    東京に納品後、川崎、横浜、千葉に向かう予定です。
    とても帰れないのは分かりますが何か考えます

    本日設置できました。
    IMG_3006

    ここまで、長い道のりでした。
    全集中で入れ込みました。

    納品までの過程です。
    早朝からお伺いしてラフタクレーンが入る前に準備します。
    ガレージはこちらに置いたままでした。
    qw002

    設置の準備をします。
    予定では、吊り上げて道路に出して台車に載せます。
    そこから、カーポートの下をくぐり抜けて設置場所まで木バールで入れ込みます。
    ラフタクレーンが来るまで準備します。
    qw004

    台車に載せても40mmはカーポートスペースがある計算です。
    少しでも高さが違うとカーポートの柱に当たり抜けられません。
    ラフタがきました。
    qw007

    吊り上げて道路側に出します。
    qw009

    台車に載せてアイナットを入れ替えます。
    qw010

    ここから先は、すいません写真を撮る暇などは有りませんので途中経過です。
    カーポートの下をギリギリで入れ込みます。
    qw014

    ジャッキや専用台車が無いと全く入れ込みは出来ません。
    木バールが活躍してくれます。
    真ん中が芝生なので台車の位置も考えます。
    qw016

    少しづつ動かして何とかカーポートを越してくれました。
    木と単管を置いて移動します。
    saka16

    実は、ここで体力の限界で青色吐息でハーハーしています。
    5mもの巨体を一人で押し込んでいます。全集中です
    qw017

    ここで奥様からコーヒーを頂いて休憩しました。『頑張るぞー
    ここまで2時間ほど掛かっています。助っ人も二人来て頂いています。
    qw018

    そしてここから設置まで一気に動かしました
    設置に成功しました。
    IMG_3002

    へとへとですがレベルもしっかりと取れました。
    IMG_3006

    こちらは余談ですが、、、。
    最後でアトミックガレージの木バールがポッキリ折れました
    qw019

    7番アイアンも活躍してくれました。
    これが無いと単管の移動が出来ませんでした。
    後ろの滑り出し窓も良い雰囲気です。
    qw025

    それでは、設置したアトミックガレージです。
    IMG_2996

    室内です。
    IMG_3001

    アトミックガレージのロゴです。
    IMG_2998

    色々とお見せしたいのですがこんな感じです。
    お客様はガレージ内でプロジェクターで投影して子供たちの映画会も開催したいそうです。
    雨の予報でしたが、何時もながらの晴れて良かったです。

    文字で書いてもここまでの様子は伝わらないのが現実です。

    知っているのはお客様だけです。
    本当に長いこと、お待たせいたしました。
    ありがとうございました。

    そうそう、帰り道ハンズマンで木バールを購入して新しいものにしました。
    オイルステンでロゴを入れて作り直します。
    qw030




    このページのトップヘ