ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    2021年02月

    残念ながら設置できませんでした。

    早朝6時には出発して現地に向かいました。
    昨年打ち合わせした場所はこちらに設置する予定でした。
    saka11

    納品までの間にお隣さんとの境界ブロックが出来ていました。
    ラフタも手配してありましたが奥から入れて手前に入れ込むことで打ち合わせしました。
    ガレージも入ってきました。
    qw012

    当初は13トンのラフタでしたが23トンに入れ替えました。
    こちらの家の間に上げて入れ込む予定です。
    qw007

    ラフタクレーンが入ってきました。
    qw016

    セットアップして私もガレージの屋根の上からワイヤーをセットします。
    qw020

    吊り上げます。
    qw023

    前後にロープを掛けて風で振り回されるのを防ぎます。
    ちょっと怖いですが家の上空に到達しました。
    qw028

    結局、ここまでです
    間を通り抜け出来ませんでした。
    qw032

    下に見えると思いますがお隣さんとの間にフェンスが出来ていて樋にも当たることになり断念せざる得ませんでした。

    結局、ご自宅の庭に仮置きして再度設置することにしました。
    今まで何百台となく設置してきましたが入らなかったのは初めてでした。

    今週に再度お伺いしてカーポートの下から台車と単管で入れ込むことにしました。
    想定していなかった作業だったので道具を改めて用意することにしています。

    入ってくれると良いですがお客様も楽しみにしていたので本当に残念でした。


    久々にオーダーガレージです。
    サイディング仕様です。

    qw018

    横幅1900mm全長5000mm高さ2300mmになります。
    製作する最大の全長になります。

    qw010

    イメージ図はこのような作図になります。

    saka10

    今回は何とか縦張りで製作して頂きました。
    本来は横張でないと製作は難しいのです。
    工場長との打ち合わせが重なり大変でした。

    というのも縦張りにすると廃棄するサイディングが多くなり処分代が必要です。
    それと通じようよりもサイディングがワンセット多く必要です。

    今日は電気工事が進行中です。
    qw024

    qw025

    全長が長いのでコンセントレールも倍必要です。
    後ろに滑り出し窓を取り付けましたがカタログに記載してなく何とか見つけて仕入れることが出来ました。
    qw076

    外からの電球色が良いですね
    お客様の要望もありスイッチも2箇所で作動するようにしています。
    qw037

    もう少しで完成です。
    qw055

    サイディングはロゴが表に塗装できないので室内に入れてます。
    qw063

    後ろからはこんな感じです。
    qw073

    今回の設置はラフタクレーンを使います。
    こんなイメージですかね
    ap025

    今回はカーポートを超えるのでそれ程上空には上がりません。
    13トンが来るか20トンが来るかは分かりませんが無事に納品が出来ると良いですね


    あの寒い雪や嵐は何処に行ったでしょう

    というくらい暖かくなりました。
    昨日はお客様のお問い合わせで姪浜の住吉神社の近くで営業でした。
    qw002

    住吉神社と言えば住吉にある住吉神社です。
    ここにもあるんですね
    qw003

    西区の宝と書いてあります。
    クロスカブも夏仕様になりました。
    qw004

    打ち合わせも無事に出来てお見積することになりました。

    現在、沢山の皆様にお見積をしております。
    福岡県以外、大分県、佐賀県、千葉県、山口県と他府県に渡ります。
    タイプにもよりますが完成まで、約6か月くらいの余裕期間を頂いております。
    悪しからずご了承ください。

    さて、帰り道に給油しました。
    qw005

    満タンしても300円もあれば十分です。
    帰りのセブンでアイスを頂きました。
    qw007

    ヘルメットも半ヘルになりました。

    さて、先日取り替えたLEDフォグライト
    異常、チェックランプが点灯して苦慮していました。
    qw011

    コーディングで直ると思っていましたがリレー等の装置が必要なので難しいようです。
    無駄な投資でしたので本来のHIDに戻しました。
    qw016

    点灯すると異常チェックランプの点灯は無くなりました。
    qw020

    折角のLEDですがHIDに逆戻りです。
    qw021

    色味が全然違います
    車検が近いのでこのまま使うことに決 定 〜 

    そうそう、姪浜からの帰り道T質店に寄りました。
    またまた、キャップをゲットしました。
    qw024

    キャップは仕事上欠かせないですね
    特に、ニューエラはアイテムの一つです。

    森の伐採をしました。

    通称『小鳥の森』だそうです。
    qw006

    枝切りをしていきますがマキタの草刈り機でも切り込んでいきます。
    qw025

    崖の際などはこちらが綺麗になります。
    今の時期だから良いですが暑いときは死にそうなくらい汗びっしょりになります。
    小さい木でも鋸を入れ込んで切りたい方向に切っていきます。
    qw036

    そうすると反対側から切り込むと倒したい方向に倒れます。
    10儖未泙任藁匹い任垢大きな木になるとロープを掛けないと危ないです。
    そうしながら切り倒していきます。
    qw039

    反対側のマンションの3階の住民からも声を掛けられ『こっちを切ってくれ』とか言われます。
    しかし、先ほど話したようにロープを掛けても引ききれない場合も有るので容易には出来ません。

    今回は出来る範囲内ですので殆どボランティアです。
    カラスやハトや鳥が素通りしていきます。
    今の時期は蛇なども冬眠中などで安心です。
    やぶ蚊や毛虫・蜘蛛の巣もないので思いきりできます。
    塀を超えるかもしれないので反対からロープを掛けて引っ張って切りました。
    qw043

    すっきりとしました。
    qw046

    上の方もすっきりとしたようです。
    qw051

    手前の方から切り込んだのですかすかになりました。
    qw054

    作業にはヘルメットとメガネは大事です。
    qw032

    ヘロヘロになりましたが無事完了です。
    お疲れさまでした。

    マンションの街灯撤去工事に関わりました。

    街灯を撤去することが決まりその後はお任せということでした。
    職人さんと撤去に入ります。
    qw009

    3本の街灯を撤去します。
    街灯の配線が腐食したことや配線図が見当たらないことでやり直すことに
    奥側の石を上にあげる予定でしたが埋設してあり動かせません。
    qw010

    そこで公園に置いてある石を持ち込んで石庭にしてはと思い引き出すことにしました。
    qw007

    若い兄さんに持ち上げてもらいエントランス迄運びました。
    qw012

    土を入れ込んで石を置いていきます。
    これがむちゃ重いです。
    兄さんが活躍してくれます。
    qw013

    上の段に進みます。
    qw014

    この上の段も外します。
    穴埋めをしなければならないので土を入れ込んでから防草シートを張ります。
    qw016

    位置を決め込んで捜索した石を入れ込みます。
    qw019

    今回は5個の石を配置しました。
    qw020

    全くセンスとか石庭の祭文もありません。
    こんなイメージになりました。 我流です
    qw024

    防草シートを敷いて砂利でイメージしました。
    qw027

    それでは完成したエントランスです。
    IMG_2936

    IMG_2934

    夜になった時にどんなイメージなるかは分かりませんがにわか庭師です

    このページのトップヘ