ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    2016年12月

    毎年のことですが、今年も福岡国際マラソンの応援です。
    昨年は薬院四つ角でした。

    今年は、何時もの平尾の交差点です。
    bf027

    しかも反対側から見ることにしました。
    というか何時も『あっと言う間に走り去られる』のです。
    あんなスピードで走るなんて人間業ではありません。
    何時ものことなんですが

    さて、テレビ局の車が入ってきました。
    bf041

    赤坂を抜けて薬院を過ぎてから、ここで一気にカーブします。
    そして、ロイホで20kmの中間地点です。
    白バイもここで待機しています。
    bf089

    さあ来ました。トップ集団です。
    bf049

    川内さん何処に 先頭に
    でも、車がっっ邪魔邪魔
    bf056

    行っちゃいました。
    何時ものことですが、本当に20キロ地点は一瞬です。

    ここから後続の集団はかなり開いていました。
    ロイホの前を集団が走っていきます。
    bf099

    子供や大人も応援の声が沢山します。
    『がんばれっ
    反対車線にいますが思わず『がんばれっ』と声を掛けずにはおれません。
    小雨の振る中を懸命に平和台陸上競技場に向けて走っています。
    bf103

    ぞくぞくと集団が続いてきます。
    bf106

    最後になると広報車とパトで終わりです。
    bf120

    しかし、定位置で撮るとこんなことも、つい放送されていることもあります。
    fukuol01

    横で撮ると接近戦です。
    息やつばが飛んできそうです。
    P1130651

    白バイもこんな゜近くで案内してます。
    P1130919

    来年は、もうちょっと考えて応援しましょう
    日本人トップの川内優輝さんおめでとう。

    解説の瀬古さんが行っていましたが400回もフルマラソンに参加している人は川内さんだけだそうです。
    凄いことですと話していました。

    最近のマラソンは日本人では良い選手が出ていませんね。
    駅伝が盛り上がっているので、世界に通用しない日本なんでしょう
    がんばってください
    日本陸連



     バイクロッカー1400特別仕様モデルを納品しました。
    現地での打ち合わせは9月にしていました。
    img076

    搬入についてはお客様の希望するガレージを優先し、それに合わせて製作します。
    製作は思っていたようにとても良い仕上がりになりました。
    でも、納品先が東京なので現地での作業でイレギュラーもあります。
    bs079

    たった3cmの隙間を入れ込まなくてはなりません。
    10年間バイクガレージに携わってきても初めての経験です。
    搬入するにはピタゴラスを使用しますが、それには20トンピタゴラスです。
    bd060

    予定の時間よりも早く来ていただきました。
    バイクロッカーが搬入する前に運転士さんと搬入の打ち合わせをします。
    bd072

    正直、危険度100%です。
    お隣さんの屋根を越えると相当な高度に吊り上げることも分かりました。
    落としたら大変なことになります。
    バイクロッカーが入ってきました。
    bd080

    1000kmの旅をしていざ入場です。
    早速、準備に入ります。
    bd145

    ラッシングを外しシャックルを取り付けてクレーンで吊り上げられるようにします。
    顔はにこやかですが内心はドキドキです。
    bd088

    ヘルメットに無線機を取り付けてクレーンの運転士さんの誘導をします。
    運転席からは設置場所が見えないので的確な指示を出さなければなりません。
    サインを出すともう空へ
    bd092

    消えそうなくらい高々と空へ、、、。
    私は、走って階段を上がり指定の場所へ向かい指示を出します。
    bd094

    電線を超え、建物を超え、さらに電線を交わします。
    もう、指示通りにバイクロッカーが指定の場所に来てくれました。
    ここからは、写真は有りません。
    というか、僅か30mmの隙間に入れ込むのです。

    バイクロッカーは壁にも当たることなくベストな形で設置場所に腰を降ろしました。
    早々に、レベルを取ります。
    『後30cm上げてください!』と指示するとバイクロッカーが上がります。
    奥側の左下にスペーサーを感で入れます。
    bd095

    そして、レベル完了です。
    屋根に上がりラッシングとシャックルを外します。
    IMG_0807


    壁との隙間もギリです。
    bd147


    上から見ても、、、。
    bd136

    アイボルトも外して入れ替えました。
    レベルを取り終えると照明を取り付けました。
    ブレーカへの配線も完了です。
    bd101

    ピタゴラスの運転士さんやお手伝い頂いたお友達さんともバイクロッカー談議になりました。
    bd146

    今回は、設置が終わっても終わりでは有りません。
    最後まで確認するためにバイクを取りに行きます。
    バイクを入れて、しっかりと鍵を掛けるまでが心配です。
    ひとまず、246を走りバイクを取りに行きます。
    bd113

    そして、自宅に帰りました。
    早々に入れます。
    bd118
    bd119

    入りました。
    bd121

    横幅、全長、高さ、申し分有りません。
    そして、お客様の希望した扉にしました。
    bd129

    扉を閉めて鍵を掛けるとロック完了です。
    bd132

    もうお客様には感動して頂きました。
    試行錯誤などで、とても大変でしたが良かったです。
    この作業に携わって頂いたスタッフに感謝いたします。

    それに、ピタゴラスで入れて頂いた運転士さんにも感謝です。
    社長に来て頂いて搬入の図も作成して頂きました。
    年内でのバイクロッカーの納品は完了いたしました。
    ありがとうございました。

    さて、再度動画を作り直しました。
    メイン動画になります。 宜しくお願い致します。
     

    このページのトップヘ