ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    2016年12月

    2016年最後のオーダーガレージが完成間近です。
    bf002

    外装と内装の作業が完了しました。
    工場内からフォークリフトで出して外での作業になります。
    電気工事と棚や換気口などの取り付けが始まりました。
    bf011

    ルーバー窓横に棚とヘルメット棚を取り付けます。
    bf054

    室内配線も作業が続きます。
    bf060

    今回からLEDの照明器具が変更になりました。
    小型になり暖色で明るいです。
    bf062

    コンセントやスイッチはレトロ調の器具を使用し表はステンレスです。
    さて、室内に換気扇なども取り付け電気のチェックも完了しました。
    bf069

    一日が早いですね。
    5時を過ぎると夕暮れです。
    bf085

    やはり5000mmもなると大きいです。
    bf092

    まだ、完成まで2日ほど掛かります。
    お休みも返上での作業です。
    あっという間の日が落ちてフラッシュでの撮影でした。
    bf101

    納品設置は月曜日になります。
    お天気が心配ですね

    話は飛びますが赤坂門市場はとうとう閉鎖になっていました。
    ここに有ったお好み焼きや『ふきや』さんも無くなっていました。
    bf001

    福岡市民なら知らない人はいないかな
    この、通りを抜けると昭和にタイムスリップしていました。
    糸魚川の火災を考えると懸命です。

    あのラーメン屋さんはストリートビューですぐ検索できるようです。
    地震、雷、火事、親父の名言の中で親父だけの威厳が無くなっているかな
    各地で火事が頻繁に起こっているので気をつけましょう







    久しぶりに工場周辺にたむろしている野良犬がきました。
    bf014

    この犬さん絶対にこれ以上近づきません。
    bf015

    私に興味は有るようですが遠巻きにうろうろ
    bf016

    仕事よりも犬に掛かりきりになりました。
    bf018

    何度も、犬に話しましたが犬さん絶対に これ以上来ませんでした。
    bf020

    遠巻きに様子伺いでこの後も何回か私の近くに来ました。
    犬だけのブログでした。

    そろそろ完成間近のオーダーガレージです。

    工場に行ってきました。
    前回よりも進んでいました。
    bf003

    横幅2400mm全長5000mm高さ2300mmになります。
    bf010

    『でかいです。』やはり5000mmは長いです。
    このクラスになると100mm単位が後に大きな差が出てきます。

    室内は広いに越したことはないです。
    さて、本日はヘルメット棚を製作しにきました。
    bf021

    合板に棚図を書いて電動のこで切ります。
    切り終えると、サンダーでRを削りバリ等を取ります。
    bf023

    3枚用意できました。
    bf026

    これを、オイルステンで塗装します。
    今回は、ウエスで何回も拭きながら塗りこんでいきます。
    bf030

    完成したヘルメット棚です。
    まだ、取り付けはできません。
    bf032

    外装の金属サイディングも順調に取り付けていました。
    bf035

    後ろ側です。
    bf056

    完成は今週末の予定です。
    納品は1週間後になります。

    反対側は、フラッシュ扉とFIX窓を取り付けました。
    bf045

    今週は何度か往復する予定です。
    今年最後のオーダーガレージの納品になります。
    先週、土間工事を終えた場所に設置します。
    bf045

    お天気が何とか良さそうです。

    以前、DIYで畳を入れ替えました。
    ウレタンフォームを敷いて畳を入れ込んだのですが段差が出来でいました。

    そこで、ホームセンターで針葉樹合板を6枚購入して室内に合わせて切ってもらいました。
    そして、本日DIYでの作業です。
    畳を外して針葉樹合板9mmを入れ込みました。
    bf017

    適当な、サイズで合板を切って隙間に入れ込んでいきます。
    余るような材料を切りベランダが木屑で散乱しました。
    bf004

    職人さん顔負けのDIY作業です。
    角もフローリングの切れ端で埋め込むと完成です。
    bf007

    いよいよ畳を入れ込むと、ぴったりと隙間無く畳が敷かれました。
    bf016

    6畳の部屋が綺麗に仕上がりました。
    ウレタンフォームだけではなく針葉樹合板で畳がしっかりと固定されました。
    床下からの騒音もこれで解消できるようです。

    それからお天気も良いので、ちょいのりスポスタです。
    bf023

    風は冷たいですがとても気持ち良いです。
    半キャップがとてもお気に入りです。
    というのが、マフラー音やエンジン音がしっかりと聞こえてとても楽しいです。
    見た目、変態爺です。

    ただ、半キャップは安全面ではちょいと心配です。
    明日、工場に行くので材料の購入に走ります。
    バイクをビートルに乗り換えてハンズマンに向かいました。
    bf039

    換気口とレベル調整の吸音シートなどを購入しました。
    電材が無くて帰りにショップでカタログ注文となりました。
    今週は、オーダーガレージが製作中なので何回か往復する予定です。
    ヘルメットの棚も作らなくては、、、。


    早朝からの移動でしたがこの冬一番の冷え込みです。
    前日の夕方に職人さんが砂利を入れ込んでいました。
    bf001

    設置場所に電源のPF管を入れ込んでくださいと話していたのですが埋設管が入っていました。
    これは、博多駅前陥没した時の配管のように大きいサイズです。
    型枠からは外すようにしました。

    設置場所を400mmずらすことにしたので型枠の前を掘り込みます。
    ここの土は、凝固剤が入っているらしくとても堅く、これだけでも大変です。
    bf003

    何とか、型枠を作りワイヤメッシュも入れ込んで形を作ります。
    生コン車会社から連絡が有り場所が分からないということで迎にいくことにしました。
    今回は、10トン車です。
    bf006

    一輪車2台で入れ込みます。
    bf011

    今日の生コン良いですね
    ぐりが多かったり水分が多かったりしたり、その会社で色々です。
    bf012

    前方から入れ込みますが、型枠がずれるのでずれ防止をします。
    bf016

    最初に頼んだ18×18ですが生コンの量が足りませんでした。
    bf017

    再度、お願いして0.5崢媛辰靴泙靴拭
    次は、直接入れ込みます。
    bf023

    弟子の職人さんも一生懸命です。
    まだまだ、でしょうか
    でも、頑張っています。
    生コン入れ込み完了です。
    bf026

    さて、ここからが時間が掛かります。
    今日は、お天気が良かったので生コンがどこまで乾くかです。
    ここからは、棟梁の腕に掛かります。
    bf031

    太い垂木と細い垂木を利用してセメンを均していきます。
    こういう、何気も無い作業ですがとても重要です。
    当社の職人さんはとても良い腕をしています。
    土間うち名人です。
    1回目のならしができました。
    bf035

    日が当たっているので乾くのが早いと期待しました。
    以前、一日の工程で朝の4時まで均していたこともあります。
    ここから、超時間が掛かりここからは、棟梁の腕次第です。

    これを怠るとセメンが割れたり、表面がざらめ状になったりします。
    bf047


    日陰になりましたが、がんじきで仕上げをしていきます。
    bf036

    勾配は4%で取り中央を若干盛り上げることにしました。
    これは、上から見てもわかりません。
    ガレージを置くことを想定して雨水や水の流れを中央に入れないことです。
    多分、こんなことをする職人さんはいないと思います。

    ブラシ目を付けていきます。
    bf044

    夕方になると日がくれるのが早いです。
    型枠を外さずに来週までこのままの状態にすることにしました。
    bf046

    完了しました。
    来週工場に行って打ち合わせです。
    まだ、フレーム段階ですがクリスマスイヤー過ぎの納品かと思います。

    お客様も、夕方帰ってきて仕上がりにとても喜んで頂きました。
    そうそう、PF管の入れ替えとコードも用意して頂くことをお願いしました。
    それにしても、寒かったです。





    このページのトップヘ