ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    2011年07月

    ブログネタ
    〜ハーレーダビッドソン2〜 に参加中!
    ウルトラのお客様のガレージが完成して納品しました。

    それにしても暑くて暑かった

    それでは写真にてスタートです。
    設置するお客様宅です。
    mizuo001







    奥に設置しますが大変な作業になるとは夢にも思いませんでした。
    さて、トラックが到着です。
    mizuo002







    4トンロングです。
    mizuo003







    前高が2400mm有るので大きく感じます。
    mizuo004







    クレーンで、ゆっくり降ろします。
    mizuo005







    家の前に取り合えず降ろします。
    mizuo006







    横幅がギリギリです。
    あぶないです。
    mizuo007







    ここで判明したのが境界線が2重になっています。
    横幅2200mmで製作して土地幅が2200mmです。
    mizuo008







    10m程奥に入れるのにクレーンでは重すぎで吊れません、、、、。
    どうしようです。
    mizuo009







    ガレージの上から採寸します。
    入れるしかありません。

    前だけを吊り上げて後は台車に載せます。
    ここからとにかく入れ込むまで大変な作業でした。

    側面扉も外しました。
    mizuo010







    そしてやっと入れ込みました。
    mizuo011








    初めてカッティングシートも製作して添付しました。
    完成です。
    mizuo012







    床面もPタイルを貼りました。
    ウルトラなので荷重が掛かるので30mmの合板で押さえました。
    しっかりとPタイルを支えます。
    mizuo014







    左側面です。
    mizuo015












    今回は後にも大きなステッカーを貼りました。
    mizuo016












    自前パソコンで製作したシールです。
    mizuo017







    特別仕様です。
    mizuo019












    バイクロックは私の考えでシャツクルと愛ナット、平座金で製作して溶接しました。

    シャッターはお客様の希望でホワイトです。
    カラーはKZ-75のマリンブルーになります。
    勿論、ガルバ鋼板です。
    mizuo018







    契約から納品までかなり掛かりました。
    本当にありがとうございました。
    動画でも参照できます。


    そしてもう1本


    ブログネタ
    〜ハーレーダビッドソン2〜 に参加中!
    ウルトラのお客様からオーダーを頂いたガレージの製作中です。
    工場に行って現在の工程をチェックしてきました。
    2100×5000のサイズになります。
    ポン置きです。
    fuki005







    カラーはKZ-55マリンブルー
    fuki006







    正面に文字を入れてみました。
    fuki012







    サイドには涼しいガラス換気口を取り付けました。
    fuki014












    室内から見た様子です。
    fuki008







    閉じた場合
    fuki010







    レバーでぐるぐると廻します。
    fuki011







    製作途中です。
    fuki009







    サイドにも文字を入れてみました。
    fuki013







    床や電気工事がまだまだです。
    今週には完成させて納品です。

    そう言えば工場長が車を乗り換えていました。
    ダイハツ コペンでした。
    fuki002







    かわいいです。
    fuki003







    室内です。
    fuki004







    オープンカーが欲しくなります。
    心にブレーキを掛けます。


    工場に行く途中福岡市の電気自動車が走っていました。
    やはり音がしません。
    静か過ぎる
    fuki001







    ハイブリット、電気自動車、エコカー
    化石燃料車が恋しいです。
    帰りの高速の車中から撮りました。

    ブログネタ
    カワサキ に参加中!
    ユーザー車検に行ってきました。
    ネットで予約してお昼からの3ラウンドでした。

    到着すると早々に重量税や印紙を購入して貼付します。
    陸運の窓口に行って書類を提出します。
    kas005







    お昼時はお休みなので1時から受付です。
    予約番号を記載していると書類に不備が無ければ検査場に並びます。
    1時になると検査場のシャッターがオープンします。
    kas006







    3番目です。
    検査官から外装と電気周りのチェックをしてもらい書類を渡します。
    フレーム番号、エンジン型式、室内の様子や走行距離のチェックをします。

    問題が無ければテスター場内に入ります。
    kas007







    右側の表示が待機となっているときはここから先は進入出来ません。
    サイドスリップ、速度計、ブレーキ、ライトテスターの順番に数値を測ります。
    kas008







    いよいよ自分の番になりました。
    この時間は本当に緊張します。

    慣れていても大丈夫かなと心配ですね。
    今回も無事に合格しました。
    ラインの最終でCO、HCの計測が終わると検査官から最終の印鑑を貰いまする


    後は、もう一度陸運事務所の窓口に書類を提出すると新しい車検証がもらえます。
    フロントウインドウのステッカーを剥いで入れ替えれば終わりです。
    ご苦労様でした。

    所で、車検場に見慣れないカワサキのバイクが停まっていました。
    バルカンの1700ccのようです。
    kas001







    まるでハーレーのFLHXみたいです。
    調べてみるとカワサキのビッグクルーザーでバルカンシリーズのフラッグシップモデルです。

    パワフルなVツインで豪華装備満載の巨体を引っ張る本格ラグジュアリー
    ・ツアラーでもあるVN1700ボイジャー
    kas002







    ソファーのような快適シートで標準でオーディオシステムなのでお気に入りの音楽を聴きながら走れば最高
    kas003







    水冷4スト4バルブV型52°2気筒エンジンは、6速ミッションと電子スロットル
    バルブシステム搭載し、低速域から溢れんばかりのトルクは発生する。また、
    右側スイッチには配されたクルーズコントールスイッチは、時速50〜140キロの間で使用できるようです。
    とにかく凄いバイクには変わりないようです。
    kas004







    エンジン音を聞いてみたかったです。

    ブログネタ
    バイクのお店日報 に参加中!
    NEWSHELLO 中古販売価格が決まりました。
    ¥85,000です。
    SBCA0059







    現状での引渡しです。
    配送はこちらでも承ります。

    先般、内容はブログでも案内しましたので過去のページをご覧下さい。
    SBCA0061







    コーキングの入れ直しや補修の必要が有りますが価格を考えると置き場所の有る方にはもってこいのバイクガレージです。

    お問い合わせお待ちしております。

    ブログネタ
    バイクのお店日報 に参加中!
    昨日はイナババイク保管庫の基礎工事から組立納品まで完成しました。

    北九州の小倉南区まで朝早くから作業に入りました。
    最近の暑さはとても我慢が出来ないくらい暑いです。

    今回のお客様はネットから検索して関西地区のショップと競合しました。
    実は、こちらの方が高かったのですが仕事の打ち合わせやバイクのことを知り尽くしているので、お客様とのコミュニケーションが取れたことでご契約を頂きました。

    さて、早速作業に入ります。
    先ずは大事な基礎工事です。
    バイクガレージのタイプは新型のFXN-2626Sです。
    床にラインを引いてシャッター部分のハツリ作業です。
    tana003







    これは地道な作業で暑いときはだくだくです。
    ハツリが終わると穴を掘っていきます。
    今回は手にまめをつくりました。
    ブロックでレベルを取ります。
    tana004







    両側で同じように取ります。
    ここはやはり職人技です。
    これが決まらないと組立時にネジ穴やガレージが歪んでいます。
    tana005






    いよいよブロックで基礎を作ります。
    tana006







    後ろの部分も同じようにレベルを取りブロックを取り付けます。
    tana007







    コの字型に基礎が出来上がりました。
    tana008







    セメントが早く乾くので早々に組立に入ります。
    後のフレーム押さえのアンカーを入れ込みコーキングします。
    ここは大事な作業です。
    雨漏れの原因やゆがみの原因になります。
    tana009







    ここまで私も何十台となく組立でいるのでぼんぼんと組み立てます。
    tana010







    あんうんの呼吸で殆ど出来上がります。
    写真を撮る暇も有りません。
    tana011




    サイドに換気扇を取り付けるので換気パネルをオプションで取り付けます。
    tana012







    シャッターは重たいです。
    二人でちょっとふらふらで持ち上げて取付です。
    tana002




    シャッター支柱を埋め込む作業前に電源ホースも一緒に埋め込みました。
    tana013







    夕暮れ前に何とか作業が終わりました。
    tana001







    バイクがやっとシートカバーから卒業です。
    シートカバーでタンクに傷が付いて手入れが大変だったそうです。
    風が強い日などはバタバタと音がしてうるさかったそうです。

    これで色んな悩みから解消されるので安心しましたとお客様が言われました。
    又、職人さんの腕が良いとお褒めの言葉も頂きとても嬉しいでした。

    次のお客様も紹介して頂くこともちゃっかり宣伝してきました。
    ありがとうございました。
    tana014







    お腹が水で満水でした。
    びっしょりで着替えて帰りました。
    fxn2226





    このページのトップヘ