先日、交換してエンジンの異音が消えない話題
その後、ホンダカーズに行って音を聞いてもらったが『分かりません
荒江店を出て薬院店にも行ったが同じ答え

これは電装屋さんに行ったほうが確実かなと思い診断してもらった
すると、聴診器と電圧機を繋いで即答です
『オルタネータの抵抗がパンクしている』とのことです
このままだとバッテリも駄目になるようです
beru03

アコードの後期モデルのオルタネータは普通のタイプではなく電圧調整クラッチ型だそうです
お店には、在庫がなく暫く時間が掛かるそうです

お店を後にして帰ってからネットで探すと在庫のある販売店があります
リビルト品を手配して本日届きました
P1080524

早々に交換作業に入ります
先ずは、ベルトから取り外します
P1080525

テンショナーに14mmのロングスパナを時計回りに引いて外します
そこからオルタネータを取り外す作業です
このような順番で外しました
olta01

作業自体は難しくありません
ただ、外したナットを落とさないようにします
新しいのでコアも綺麗です
P1080528

ロータを手で回すとあきらかに違います
成るほどと自分で納得します
又、電装屋さんの的確な判断とデーラーのフロントマンの対応は経験値を問います

フィットやハイブリットなどで知識と経験が伴わないようです
旧車は来るなと言わんばかりです
めげないで、取り付けに入ります
P1080530

エアコンホースを避けてθ屬離椒襯箸鮴茲房茲衂佞韻泙
そうすると下側のきイ離椒襯箸付けやすいです
ベルトを再度、時計回りに動かしてベルトをオルタネータに取り付けます
P1080568

バッテリもしっかりと充電して取り付けたら完成です
P1080570

10万キロを超えてまでご苦労さんでした『旧オルターネータ』
さて、エンジンを始動して電力を測ります
14.5V付近で充電されているようです
音も無くなり安心しました
P1080566

バイクばかりに手を入れていると車がやきもちをやくのでしょう
無限MUGENのフロントのプレートのロゴが消えていたので赤色のペンキを塗りこみました
夏を向かえる前にエアフィルタを掃除すればもう少しは乗れるでしょう
P1080565

明日は長浜のバイクロッカーの移動をします
外壁が完成したので当初予定していた場所に移動します
前回作り直した台車で移動して設置します
P1080139