2014年04月04日

最近の天気予報はあたります

工場に行く予定でしたが、の予報です
行くのを中止してバイクのオイル交換をしました
オイルをケースで購入していたので、急遽ホームセンターに行ってオイルパックを買ってきました
道具をそろえます
DCF00017

ジャッキを使ってバイクを水平にします
オイルパックを下においてドレンコックを緩めてオイルを抜きます
DCF00012

昨年の11月からもう3000k走っていたので気になっていました
オイルタンクのキャップも外してオイルが抜けるのを待ちます
オイルが抜ける間にプラグもイリジウムに交換します
DCF00010

少し、くすぶっているようでしたがこの冬を問題なく乗り切ってくれました
インジェクションではなくキャブなのでプラグは大事です
マフラーを交換して燃調をしっかりとっていないとアフターファイヤー音がします

さて、オイルも抜けてパーツクリナーで綺麗に底面を清掃します
オイルも3本きっちり入りました
DCF00004

エアクリナーも外してキャブクリーンで清掃すればエンジンの始動もかろやかです
始動するとエンジン音が今までと全然違います
オイルパックもゴミとして出されるので処分も安心です

今日はお天気が良さそうなので工場へバイクで行ってきます
後に、大きな荷物を積んでいますが、台車の車輪を工場で交換するための荷物です
こんな時、シーシーバーが役に立ちます

先日、ガレージの搬入で使用しましたが荷重に耐え切れず車輪との隙間がなくなりました
そこで、対荷重120kの車輪を購入して付いている車輪と入れ替えます
サンダーや溶接が必要なんです


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/atmic555garage/1896422

コメントする

名前
 
  絵文字