2013年12月20日

スポーツスターグリップ交換

ローライダー・ママさんで見かけたローランドのグリップ
P1050893

冬のシーズンになるとグローブが厚くなります。
純正のグリップにウイリーGのエンドを付けていました。
P1040900

このグリップだとウインカーを親指で押すときにスロットルが戻るのです。
違和感を覚えていましたがローライダーさんの営業の方とお話をしていたら勧められました。
そこで購入して交換しました。
RSD Roland Sands Design ローランドサンズのグリップです。
高級感が有ります。
P1050652

左側から取り替えます。
パーツクリナーで直ぐに外せるようです。
P1050657

簡単に交換できました。
P1050659

反対側も交換です。
スロットルワイヤーを外すときに少しコツが有るようです。
P1050666

大事なスロットルの留め金を無くさないようにしまょう。
取り外した純正のグリップです。
P1050667

組み付ける時にグリスを注入しました。
チェーングリスですが飛び散らなく使いやすいです。
P1050670

右側も取り付け完成です。
P1050671

スロットルは軽く、ラバー部にはオフロードなどで有名なRENTHAL製ラバーを採用し、とても手に馴染む造りなのでとても握りやすいです。
デザインは勿論ですが不満であったウインカーを押したときのスロットルの戻りもなくなりました。
グリップでこんなにも影響するとは、、、。
価格に見合ったグリップでした。
P1050673


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/atmic555garage/1877957

コメントする

名前
 
  絵文字