2013年11月10日

オーダーガレージの納品 福岡市

オーダーガレージを納品しました。
お問い合わせを頂いたのが9月
ご自宅にお伺いして打ち合わせをしました。
この時のバイクはバルカンです。
P1030648

母屋にあるガラス窓の横にガレージを設置します。
母屋のガラスの出っ張りとブロックのでっぱりが有り、最小寸法を出して図面を作ります。
funa004

これはイメージですが製作までには細部で変更が続きました。
又、途中張り出したブロックもサンダーで削りました。
P1040532

このサイズを計って横幅1750mmです。
横幅は2.5cmの隙間しか有りません。
数々のガレージをどんなことをしても入れ込んだ実績から何とか入れられると思いました。
しかし、それにしても昨日の納品は本当に困難を要しました。

お問い合わせ頂いてから約3ヶ月
絶好の納品日和です。
工場から積み込んでお客様宅に着きました。
P1050187

さて、ここからガレージの設置作業です。
最初に降ろす位置を決めて作業に入ります。
P1050190

反対側にも窓を取り付けました。
これは母屋から階段を降りるときにガレージ内が見えることと室内が暗くならないためです。
P1050194

最初の降ろし作業は失敗でした。
設置場所の距離と横幅を考慮するともっと手前で降ろして移動しなければなりません。
再チャレンジで降ろします。
007

何とか手前で降ろすことに成功しました。
P1050205

吊りフックのボルトの入れ替えをしていよいよ搬入です。
P1050206

ここからでも分かるように母屋との隙間が狭い
P1050210

台車と木片、爪付きジャッキ等
そこに有る物を最大限に利用し、頭の脳みそをフル回転させます。
残り50cmになってからは、もうマンパワー全開です。

この時のことはお客様と私達にしかわからない搬入作業です。
本当にプロだと確信しています。

最初で計算したレベルとフレームの製作
そして、お客様がどうしても譲れなかったFIX窓
母屋からガレージ内が見渡せること
もうとにかく完璧にイメージ通に設置が出来ました。


電源口とハイブリットの充電口なども何とか回避して設置完了です。
設置完了と同時にお客様より缶コーヒーの差し入れを頂きました。
ありがとうございます。
010

お客様に大絶賛して頂きました。
疲れも吹き飛びます。
先ずは、室内の母屋からも見えるFIX窓です。
とにかく大きい窓です。
P1050226

これは工場長がとにかく苦労して製作した苦心の作品です。
室内の窓枠が見えないように木工所で外枠を作って貰いました。

反対側は製作途中でのFIX窓の取り付けだったので2箇所になりこれも同じように外枠を作って取り付けました。
P1050228

最強のフレームを使って何十年使っても壊れないバイクガレージです。
床のフレームの作りは最強です。
P1050196

そしてここからステッカーの取り付けです。
これは私からのサービスになります。
お客様から撮って頂きました。
002

完成です。
オーダーガレージ
P1050231

玄関側です。階段を降りながらガレージ内も見えます。
見ても分かるようにギリギリで設置しました。
P1050221

シャッターカラーはハーフホワイトです。
P1050225

今日もお伺いして室内にセキュリティを取り付けました。
お客様に喜んでもらいとても良かったです。
これからのガレージライフが楽しくなると思います。

又、設置の途中でも奥様にも喜んで頂きました。
奥様や女性が見ても当社のガレージは喜んで頂けます。

私の納品するバイクガレージは1台1台にその時のストーリーが有ります。
夢に描いたガレージを何とかお客様のイメージ通りに作れるか、そしてそのガレージがしっかりと機能するか。
バイク乗りがバイクを愛する人達に満足頂ける事を考えて製作致します。
そして安心して眠れますように

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/atmic555garage/1871075

コメントする

名前
 
  絵文字