2013年10月27日

スポーツスターオイル交換とパーツ交換

昨日は、北九州市八幡西区にイナバガレージの見積りに行ってきました。
スポスタで移動し、ドリームズさんハーレー北九州さんに寄り小倉南区から苅田、田川を抜けて帰ってきました。

さて、本日はスポスタのオイル交換記です。
パーツも色々と購入して揃えています。
今回はこれだけです。
P1040525

オイル交換キットとプラグ、チェーンケースメッキ、ホルダーメッキの交換です。
さて、始める前に工具のチェックです。
バイクジャッキは必要品ですね。
P1040539

ドレンホースを抜くと、真っ黒けのオイルが出てきます。
本日交換できて良かったです。
P1040542

タンクキャップも外して抜けるのを待ちます。
抜けるのに時間が掛かるのでオイルエレメントを外します。
P1040552

かなりきつく閉まっていました。
伊佐錦黒の紙パックを利用してオイルキャッチにします。
P1040557

抜け終わったらパーツクリーナーで綺麗にします。
新しいエレメントにオイルを100cc程入れます。
ゴムパッキンはオイルでふいてください。
P1040562

取り付けは手で絞めこんでください。
工具は使わないそうです。
P1040565

次はギアオイルの交換です。
プライマリーケースを外します。
下のボルトが外しにくいのでステップまで外します。
スポスタは振動が大なのでチェックの為にもはずした方が良いです。
P1040569

ギアオイルは綺麗でした。
P1040571

ドレンボルトには鉄粉が付いています。
付いていて当たり前田のクラッカーです。
というか鉄粉が付いていて当然のようです。
パーツクリーナーで清掃してOリングを交換します。
P1040572

ドレンボルトを取り付けてオイルを入れます。
先ほど使用した紙パックを再利用します。
パッケージをパーツクリーナーで洗浄します。
そして、ケース内に入るようにハサミで適当に切ってオイルを入れます。
P1040576

900cc位なのでケース内のレベルを確認します。
P1040577

ケースを取り付けます。
絞めすぎないように均等にボルトは取り付けます。
ステップも取り付けたら完了です。
P1040579

さて、次はプラグ交換です。
同じ面で作業するときは効率良くしましょう。
P1040593

デンソーのVプラグが付いていましたが1本、くすぶっています。
チャンピオンのノーマルのプラグにしました。
P1040594

プラグを交換するときは必ず手で絞めこみましょう。
工具を使用してねじ山をなめたりしたら大事です。
P1040595

そしていよいよオイルを注入します。
3本ですが2.5位で一度エンジンを始動してそれからレベルゲージを確認してから補充しましよう。
P1040566

オイル交換、エレメント交換、ギアオイル交換が終わりました。
ココまで来ていますがジャッキは上げたままです。
リヤショックのボルトを外します。
ショックのボルトは緩めるだけで抜きません。
前側も取り外します。
P1040584

外したチェーンケースです。
P1040583

ショックのナットが少しコツが入ります。
普通の力では緩まないボルトナットでした。
メッキのチェーンケースに入れ替えました。
P1040589

これで全ての交換が完了しました。
ついでにヘッドライトを取り外します。
曇っていたので洗浄しました。
P1040469

最初から曇っていて気になっていました。
勿論、乾くまで時間が掛かりました。
pat01

ここもメッキのリングケースをワイドに入れ替えました。
ポジションもLEDに入れ替えです。
P1040605

これで今日の作業は終了です。
それにしてもハーレーに乗るとパーツを取り替えたくなります。
ノーマルを買わずに良かったと思います。
自分の希望するようなハーレーに出会えたことに感謝です。
さて、ひとまずケースを取り替え後のスポーツスターです。
クランクケースとチェーンケースはアルミを磨いたものです。
ヘッドカバーもそうですがメタコンで磨いています。
人差し指の先が痛いです。
P1040612

エンジンも一発始動です。
クラッチも気持ち良く切り替えられます。
P1040614

お疲れ様でした。
これで当分気持ち良く乗れそうです。
長いブログを最後まで見て頂きありがとうございました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/atmic555garage/1868615

コメントする

名前
 
  絵文字