2013年10月19日

スポスタのデタッチャブルシーシーバー取り付け

届きました。デタッチャブルシーシーバー
P1040388
とても簡単でボルトを4本取り付けたら即使用可能です。
でもそう簡単には、問屋は卸しませんでした。

と言うのもウインカーが取り替えてありサイドバックのステも付いています。
これは頭をひねらないと、、、。
先ずは、難しい左のバック側から始めます。

直ぐに問題が発生です。
バックのステがデタッチャブルに当たります。
それにウインカーボルトも考えなくてはなりません。
oas01

先ずはウインカーです。
oas04


ボルトを外してドリルでお皿を電動ドリルで削り、皿ビスに変えました。
流石です。
oas09

これで一つは解決、次はステ内側の取り付けナットが10mのナットが当たりロックできません。
oas06

ホームセンターにまたまた即効走って買いに行きます。
勿論、ステンレスナットです。
反対側もウインカーのボルトを皿ビスに入れ替えます。
oas07

右側は問題なく改造できました。
デタッチャブルの完成です。
P1040408

左側も2箇所の問題を無事にクリアしました。
oas08

両側とも取替が完了です。右側です。
P1040428


これでタンデムも安心して走行できます。
前回、問題になった後のシートがきついのでもうひとつのシートに入れ替えました。
ハーレーらしく綺麗に仕上がりました。ここまでするとプロ顔負けです。
P1040426


タンデムツーリング仕様です。
ステップも大きくなったので安心してツーリングが可能です。
全体のイメージが変わりました。
P1040424

反対側です。
P1040421

シートで雰囲気が変わるものです。
でも、やっぱり前のシートが良いです。
P1040277

又、元に戻しました。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/atmic555garage/1867237

コメントする

名前
 
  絵文字