ブログネタ
バイクのお店日報 に参加中!
NEWシェローのメンテ作業が入りました。

福岡市中央区笹丘でバイク駐車場を運営されているガレージです。
お客様が退去されたので先般からメンテを依頼されていました。

見積が許可されて作業に入りました。
kux001







とにかくボロボロです。
特に天井と横板などが侵食されています。

天井の状態です。
kux002







雨水が溜まってコーキングが役にたっていません。
kux003







先ずは天井からの作業です。
コーキングを剥して中の錆を落としていきます。
kux007







サイド側も酷く錆びています。
kux008







赤錆の粉塵が飛び散ります。
サンダーとドリルサンダーで錆を落としていきます。
kux009







自分の鼻の周りが真っ黒です。
変性シールを入れ込んで雨水が入らないように埋め込みます。
kux010







勿論、錆止めも塗装していきます。
これで雨漏りも改善されます。

天井はサンダーで削っていきます。
錆止め塗装もします。

次は、側面や後面の作業です。
側面側の鉄板もボロボロになっています。
サンダーを掛けていきます。
kux006







中の断熱材も抜け出てきています。
後面も同じようにボロボロのようです。
kux004







NEWシェローは今までに何回も雨漏れで大変でした。
シェロー製品の雨漏れは対策が大変でした。

ある時はお客様の所で酷いので土下座をしたことがあります。
その時もシェローさんは対応してくれなく大変な思いをしました。

土砂降りの雨の中、雨漏れ箇所を確認する為に雨の流れを確認したこともあります。

お陰でどういうふうにすれで対応出来るかが分かり当社のガレージに反映されています。

バイクガレージは売れると思います。
しかし、万能ではありません。長年使うと必ずメンテが必要です。

買って頂いてからがお客様との繋がりです。
商品を知り尽くしてから販売することが必要だと思います。

イナバの商品も工場に行って製造工程も確認し社長ともお話させて頂きました。
イーグルシリーズも工場で作業を確認し材料から確認して製作しています。

間伐材の新製品ガレージも製品を確認しています。
やはり製造工場や担当者の顔が見えることが販売力に繋がるようです。

特に、バイクガレージは外で雨ざらし日ざらしです。
どんな条件の中でもバイクを守ってくれなくてはなりません。

雨漏れは最大の弱点です。
殆どのバイクガレージは組立式が多いですがメンテを怠るとこのような商品(写真)状態になります。

バイクガレージは万能ではありませんので、たまにはメンテをしてあげてください。

マスキングをして変性シールを入れ込みます。
そうすると綺麗に仕上がります。
kux005







現場での作業なので寒いですね。
今回は電源の供給も出来たので電気製品が使えて作業が捗りました。
やはり工具がないと作業は進みません。

今日はいよいよ塗装作業です。
寒い