ブログネタ
博多ラーメン、長浜ラーメン に参加中!
元祖長浜屋が無くなってから長浜の通りが寂しかったですが、この間からオープンしています。

本日、やっと食してきました。
場所は以前2店舗有った時の屋台側の裏手になります。
ganso001






看板は以前の物と同じだと思います。
お昼時だったですが相変わらず行列でした。

長浜は並ぶのが普通でそんなに待たなくても食べられます。
ただ、まだ知られていないかも知れません。

早速、以前のように食券を購入します。
ganso002







久しぶりだったので今回は替え玉まで購入しました。
それでも500円です。 安い

店内の前に並びます。
ganso003







そろそろ自分の順番が近づいてきました。
店内を見た所、あのおばさんがいます。

あの長浜だっ
ganso004













さて、何時ものように店内に入ると自然に『かたい玉』と言います。
ganso005







そして、前のざるから茶碗に今回は水をついで待つとラーメンが出てきます。
これこれ、待ちに待った久しぶりの長浜です。
ganso006







久々の対面でした。
とりあえず何もいれずにスープをすすります。

そこから味を確かめて、ゴマ、コショー、をいれて食べます。
薄かったらだしを入れます。

とにかく麺を食べていきます。
ganso007







少なくなったところで一声『かたいたま
というと店員さんが小鍋に麺を入れてどんぶりに入れてくれます。
ganso008







ここからは第二の味です。
ゴマ、コショー、ラーメンだし、紅しょうがを入れます。

ここはそれぞれの個人の好みになります。
色々と楽しんでください。

長浜用語をまとめてみました。

アブラが多めは「ベタ」、麺が硬めなら「カタ」など、いろいろとあります。顔見知りの常連さんは何も申告しなくても、「いつもの」らーめんが出てきます。

「カタ」より硬い「ナマ」などもありますが、地元民以外には健康上などの理由からおすすめできません。

食べなれた地元民でさえ、翌日ピーピーする羽目になることも。
「ナマ」の食感はベビースターラーメン並のボリボリとした歯ごたえです。(*_*)


所で長浜はもう一軒同じようにお店がオープンしています。
ファミマの裏手になります。
将軍さんの前です。
こちらは『長浜家』です。
ganso009







家の作りは同じようでした。
ganso010







店内の様子も同じようだったです。
次は、こちらのほうも食してみたいと思います。

こちらも長浜屋の職人さんが出されたと聞いています。
美味しいかな