ガレージハウスと徒然草

ご要望のガレージ&小屋を図面からイメージ&製作し、現実の空間を提供しています。

    高山質店の看板がでかい
    qw005

    場所はニューオータニ前の交差点です。
    qw004

    ズームして最初のように撮れました。
    昨日は、OSB合板を物流センターに引き取りに行ってきました。
    qw008

    待合室でフロントマンから『ヘルメットを着用してください。』と言われました。
    前回は言われなかったのですが、ヘルメット出して頂き被って作業しました。
    次回からはヘルメット着用です。

    さて、工場の帰り道でマーライオンが
    qw028

    こちらは、孔子公園前の橋の入口です。
    何処と言われそうですがこちらが通り道です。

    さて、新しいOSB合板のロゴを撮ってみました。
    qw017

    もう一枚
    qw018

    こちらの日本語になりましたが私はロゴを表でも良さそうな木がします
    製造もしっかりメイドインカナダです。
    qw016

    工場に届けてから3号線をひたすら走ると夜になっていました。
    途中、鳥栖の資さんうどんでお昼をしました。

    qw003

    肉うどんとおはぎにしました。
    やはり美味しい肉うどんです。
    qw002

    おはぎも美味しいですよ

    以前からOSB合板について話していましたが、、、。

    未来のないOSB合板になりました。
    現在、日本の総輸入元がこちらの会社です。
    osb002

    本日も再度会社に連絡してOSBの現況について話させて頂きました。
    会社はリモートですが丁寧に対応して頂きました。

    現在生産しているOSB合板カナダ産については全てロゴは無いそうです。
    今まではこちらのようなロゴ入りで取り付けていましたが在庫が無くなり次第ロゴ無しになります。
    IMG_2618(Edited)

    北海道から鹿児島まで探して頂きましたが本当に残念です。
    このようなOSB合板カナダ産に巡り合うことがこれからは無くなるということです。

    そして新たに出来たロゴ無しOSB合板に完全に変わっていきます。
    qw021

    どちらかと言うと私としては以前のOSBが欲しい
    けして否定はしていませんが私の拘りとしてのライフスタイルとしてはもう少し濃い方が良いと思っています。

    それか、スタイルを変えてしまうかです。
    内張仕様については変更できませんが外張りなら当初製作したこのような形が良いのかなと思います。
    CIMG2669

    実はこの仕様で製作したのは1台だけです。
    今も現役で使用されています。

    新しいものを生み出すというのはとても勇気と力が入りますがちょこっと考えてみます。
    現状頂いているお客様には新しいOSB合板での納品が続きますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


    今一度見直されることを考えた方が良いのかなと思います。
    ただ、工場長がして頂けるかだけが懸念ですが、、、。

    本日も朝からお客様宅へクロスカブで向かいました。
    寒かったで〜〜す。

    先日からの最終仕上げに入っています。
    qw027

    暗くなってからだと細部が見えませんので仕上げの作業と巾木を取り付けます。
    qw031

    内装工事が仕上がりました。
    qw034

    ガラス窓の枠等や建具の切込みや仕上げなど、段差も付けて良い仕上げです。
    qw042

    針葉樹合板なので白黒の対比でカラーを付けています。
    オークブラウンも考えましたがOSB合板とは違うのでこのようなカラーを選びました。
    棚は付けていません。
    こちらはお客様の方で色々と考慮しているので今回は無しです。
    qw048

    外側の扉の擁壁は壊してスロープとともにすっきりさせました。
    qw052

    カーポートが今回は素晴らしく嵌りました。
    qw055

    クロスカブを入れてみました。
    qw063

    もう一枚。
    qw066

    入口はこんな感じです。
    qw064

    前方の感じです。
    qw065

    当初はこのカーポートが長くてガレージを小さくする予定でした。
    しかし、職人さんの方で1スパン切ることでしっかりと取り付けることが出来ました。

    さて、この次は電気工事になります。
    配線の引き込みが大変のようなのでお客様との相談になります。
    今週も出張が続くようです。

    それと、車が仕上がってきました。
    良かったです。
    それと作業服にロゴを入れました。
    夕方に何時ものシェルさんに伺って頂いてきました。
    qw104

    夏用に続いて冬用というかワークマンで購入した作業服です。
    明日からもこれでお邪魔いたします。
    宜しくお願い致します。

    イナバガレージ GRN-2657Hを製作中です。
    続きです。
    qw049

    ここからが本番スタートです。
    qw040

    内装工事がスタートしました。
    ここからが本番です。
    扉とガラス窓がオプションで取り付けていますが職人さんは大変です。
    針葉樹合板で内壁を取り付けています。
    qw007

    窓枠の建具の取り付けも流石に職人さんです。
    毎日、すき焼き弁当なまたまご付きでお昼をしています。
    qw031

    お客様からお茶とおやつの差し入れが有ります。
    流石に、毎日だと食べ飽きますね、、。

    午後からはカーポートの移設作業です。
    この屋根を3人で抱える予定です。
    qw036

    お昼を食べたので元気が有る時だけです。
    何とか、手前に移動できました。
    qw014

    ここから支柱の斫り作業をして支柱を入れ込みます。
    1スパン短くして玄関の手前でカーポートが置けるようにします。
    qw018

    急がないと直ぐに日が落ちるのでセメントの乾きも気になります。
    そして、支柱に載せこむことが出来ました。
    qw020

    通常の支柱を50mm上げて取り付けて更に入口側の支えは外しました。
    そして、高さを調整してセメンを流し込んでレベルをしっかりと取ります。
    何とか、夕方までには、、。
    qw028

    入口側のブロックも壊して後でセメンで仕上げることにしました。
    セメンを捏ねて支柱を固定することにします。
    砕石を間に入れ込んでセメンを流します。
    qw029

    色々としていたらすっかり日が暮れました。
    早いですね

    写真も真っ暗です

    12月に入って最初の日は月齢15.9で満月に近かったです。

    山越えする時はピンクでしたがカメラが無かったので食事後に撮り始めました。
    最初は、ほぼ肉眼に近いです。
    qw010

    ここから月を狙います。
    qw013

    普通のカメラだとこんな感じです。
    ここから、追いかけてようやく捕らえました。
    qw016

    ネットの話題で中国の探査機が着陸したようです。
    大体、このあたりではないかと思います。
    矢印は少し欠けている部分です。
    qw039

    こちらがネットで出た探査機の着陸地点です。
    qw040

    流石にこれだけの月の表面が見えると凄いですね。
    アポロ疑惑も本来なら無いはずなのに、、、。

    さて、素人のカメラですがそれでも良く撮れます。
    qw027

    これが全体の模様です。
    qw035

    こちらは今年の4月の月です。
    違いが分かりますかね。
    ax03

    さて、12月の月の月齢表です。
    qw038

    これからだと12月29日が次の満月です。

    仕事しています。
    毎日ガレージの工事中です。

    このページのトップヘ